「今日は落ち込んじゃった…」そんなときの対処法特集♡

 

「仕事で失敗しちゃった。」

「彼氏とケンカしちゃった。」

「なんだか、心が憂鬱。」「やる気が出ない。」

 

などなど、気分が落ち込んでしまう日は誰しもありますよね。

 

「こんなに、怠くて、このままで大丈夫なのかな?」とさらに悩んでしまう前に、

かしこく自分の機嫌は自分で取りましょう^^

 

 

気分を上げる方法を、今回はご紹介します♡

あなたの気分の上げ方は、あなたにしかわかりません。

じぶんに合った方法を、ぜひチェックしてみて下さいね!

 

落ち込んだ気分をスッキリさせる方法たち

 

①ゆっくり寝る

「なんとなく元気が出ない」など、落ち込む理由が思い当たらない場合は、

体調不良が原因にあたることが多いでしょう。

風邪の引きはじめ、生理が近いなど、体調は日々変化します。

元気が出ない気がしたら、まずは睡眠時間をたっぷりと意識的に取りましょう。

「寝過ぎること」に罪悪感を感じる必要はありません。

未来のパフォーマンスを上げるための、積極的な休息だからです!

 

 

②美味しいもの、栄養のありそうなものを食べる

「最近、コンビニのごはんばかり、、」と食べ物に気を遣えていない時というのは、

じぶんを大事にする余裕がなくなり過ぎている証です。

忙しい仕事の合間だけど、ランチだけは美味しいお店に行ってみる、

お休みの日は、コンビニ食でなく、レストランからデリバリーを取ってみる、

など、美味しいもの、体が喜ぶものをちょっと工夫して食べましょう。

心もお腹も満たされて、元気が出てきます。

 

③ゆっくりお風呂に浸かる

忙しくなると、ついシャワーのみで済ませてしまって

ゆっくり湯船に浸かることから遠のいてしまう、、よくありますよね。

お気に入りの入浴剤とともに、じぶんの体をいたわってあげる時間を作ると

いつの間にか、汗とともに落ち込んだ気分もスッキリとしているかもしれません。

スパや銭湯など入浴施設で1日過ごすのもおススメです^^

 

④思いっきり泣く

大人になると、つい泣くのを我慢したり、じぶんの感情を出すのを抑えてしまいますね。

抑えていた悲しい、悔しい、つらいといった感情、しっかり噛み締めましょう。

「本当は辛かったよね」とじぶんの心に寄り添って、思いっきり泣いてみましょう。

「じぶんだけは、ずっとじぶんの味方」という優しい気持ちで心を包み込むと、

あたたかい安心感が生まれます。

涙を1粒流すだけで、リラックス効果もあるそうですし。

 

⑤心の内をすべてノートに書き出す

「なにが原因でモヤモヤしているのかわからない」

「なんとなく不安」というような、正体不明の感情は、

ノートに書いて、向き合ってみましょう。

コツは、「どうしてそう感じた?」「どうなったら良いと思う?」と

じぶんにインタビューしていくことです。

意外とノートに書き出してみると、大した悩みでないと気が付くことが多いでしょう。

人は正体不明のものに不安を感じます。

だったら明らかにすればよいのです。

 

⑥「ありがとうノート」を作る

またまたノートを活用しますが、あなたの周りにある「ありがとう」を

探してノートに書いてみましょう。

「あたたかい部屋に帰ることができる」「家族がいる」「美味しいチョコを食べた」

「天気がぽかぽか気持ちよい」「日本は治安が良い」などなど、、、

身近にある、「ありがたいな」と感じるものをたくさん書きましょう。

落ち込んでいる時は、マイナスなことに目が行きがちです。

マイナスに目を向けるのも、プラスに目を向けるのもあなた次第です。

あなたの周りにあるプラスのこと、ありがたいことにフォーカスすると、

落ち込む気持ちも晴れるでしょう。

 

⑦要らないものを捨てる

こちらは、わたしの中で効果絶大と感じているのですが、

心に余裕がないときは、物理的にスペースをまずは作ることが効果的です。

大きめのごみ袋へ、気分が上がらない服、使わないもの、捨てられなかったものなど

豪快に詰め込んでいきましょう。

こちらの記事→【簡単】誰でも出来る「お部屋の浄化方法」をざっくり解説

でもご紹介しましたが、掃除は心を浄化します。

部屋は心を映す鏡とも言われています。落ち込んだ時ほど積極的に掃除をしましょう!

 

 

まとめ

 

いかがでしたか? 気分を上げる方法をいくつかご紹介しましたが、

出来そうなものはありましたか?

 

 

あなたのご機嫌の取り方は、あなたにしかわかりません。

ぜひ、オリジナルの気分の上げ方、探してみて下さいね♡

 

長い人生、ずっと付き合っていくじぶん自身について、

もっと積極的に知りましょう^^

それがじぶんをコーチングするということです。

 

 

 

「もっと詳しく知りたい!」「コーチング学びたい!」「コーチで開業したい!」

という方は、体験レッスンへ↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です