オンラインサロンの作り方!盛り上がるサロンはここが違う!

Author
えりにゃん (日本ミューズ・コーチング協会代表理事) 「わたしから、夢が当たり前に叶う世界を創る」をモットーに、日本ミューズ・コーチング協会を設立。まずは自分が影響力を高めて、自然と周りが夢をかなえる環境を作る、 コーチからクライアントへと、その影響力で周りの人の夢を叶えていく世界が出来るよう、 コーチング講座を開講中! Twitter?:eri_muse Instagram:@yamaeriko
 
 

こんにちは!日本ミューズ・コーチング協会代表のえりにゃんです。

先日、 たむけんさんのオンラインサロン勉強会に参加しました! 


たむけんさんこと田村健太郎さんとは、シナプスというオンラインサロンを日本に生み出した方! 

今は、 
ホリエモンのHIU、 
西野さんの西野亮廣エンタメ研究所
箕輪さんの箕輪編集室、 
はあちゅうさんの#はあちゅうサロン 

などなど、 オンラインサロンが大ブーム! 

えりにゃん
オンラインサロンてなんだ!?って方はこちら↓↓

オンラインサロンは、月額会費制のWeb上で展開されるコミュニティ(クローズド)の総称である。

作家、実業家、アスリート、アルファブロガー等、専門的な知識を持っていたり、ある分野で優れたスキルや経験を持つ個人又は複数のメンバーが主宰者となり運営している。

また、アーティスト・アイドル、モデル、テレビタレント・アスリートのファンクラブとして活用される例もある。[1][2]

2012年に「シナプス|Synapse」(シナプス)がオンラインサロンプラットフォーム事業を開始して以来、2015年に「Salonde」(サロンド)、2016年には「レジまぐ」「DMM オンラインサロン」「COMMY」(コミー)がオンラインサロンプラットフォーム事業に相次いで参入した。

2017年にはDMM.comがSynapseを子会社化。

Wikipediaより引用》

そんなオンラインサロンについて、
「どんなオンラインサロンが人気でこれからどう変化していくのか? 」
「オンラインサロンを作るにあたって決めるべきこと!」など、 たくさん聞けましたよ^^

 

ということで、
今回は、「オンラインサロン作ってみたいな」という方必見! 

盛り上がるサロンの作り方です。 

これを読めばあなたもオンラインサロンを作りたくなること間違いなし!!

えりにゃん
それでは、張り切っていきましょう~♪

◆盛り上がるサロン、過疎るサロンの違い!

↑大盛り上がりの#はあちゅうサロン定例会の様子

昨今はたくさんのオンラインサロンが設立されています。

えりにゃん
人数が増えて盛り上がっていくサロンは何が違うの??
たむけんさん
人数が増えて盛り上がっていくサロンの特徴はこれです!

・祭りに参加する人もいてよい雰囲気 

・メンバーがカジュアルに参加できるイベントがある 
 

会社員をしながらオンラインサロンに入る人が大多数なので、 

そこまでサロンにコミット出来ないメンバーも多いはずです。

えりにゃん
わたしも自分の協会もあるし、 
オンラインサロンのプロジェクトも関わっているものがたくさんあるし、 
で、けっこーいっぱいいっぱい。。 

だから、気軽に参加できて、達成感や結束感を与えられるイベントが大事!

「この資料作って?」とか 「何日までにこれやって!」って
プロジェクトに参加するとやることが増えます。

クオリティも求められるし、そこがよくなかったらサロン内での自分の価値が下がるし 、、
無理して参加するのは大変。

そのうち、

にゃんにゃん
なんでお金払って、こんなきついことやらないといけないの。。

ってなります。

 

だから、主催者は、 

全員が気軽に参加出来て、楽しい!って思えるプロジェクトやイベントを作って、 巻き込んで盛り上げる!ということが出来ないと、 
メンバーが辞めていっちゃうんですね! 

 

結論
あまりに、 コミットやスキルが求められるサロンは人が集まらない。 

◆オーナーは口出ししない 

また、オンラインサロンの要素の中で大切なのはオーナーの立ち位置です。 

えりにゃん
あなたがサロンを作るとしたら、 どんなサロンオーナーになる? 

◆たむけんさんが上げてくださった例 

・サロンオーナーが身近で天下人ではない(有名人というよりは先輩) 

・サロンオーナーは天下人だけど、ちょっとダメなところがある 

・サロンオーナーは天下人だけど、代わりに中ボス的な存在がいてマネージメントしている 

などなど。

 

あまり口出しし過ぎると、サロンメンバーの成長を止めてしまう可能性も。 

メンバーとの距離感をどうするかなども考える必要があります。 

結論
不完全さ、突っ込みどころを残しておくことが大切。 

◆新たにオンラインサロンを立ち上げるには?   

にゃんにゃん
よし!サロン作ろう! 
えりにゃん
ちょ、ちょっと待って!! どこからサロン会員集めるの?? 

あなたがファンを既に持っていたとしても、 

まだ、オンラインサロンに課金したことがないユーザーを取り込むのは難易度が高めです。 

たむけんさん
オススメは、 オンラインサロンに入ったことがある人に入ってもらう!です。 
えりにゃん
確かに!わたしはオンラインサロンに4つくらい入ってる!

このように、1つサロンに入っている人は比較的気軽にサロンに入ってくれます。 

なので、他のサロンに入っている人を自分のオンラインサロンへ引き込むのが近道! 

 

そのために以下を研究をしましょう! 

・自分のファン層はどこのサロンと近い? 

・具体的なオンラインサロンを見て、研究してみよう! 
DMMやCampfireなどでたくさんのサロンがあります。 研究のために入っている人もけっこういます! 

そして、次にやるべきは、 

・ファン層が近いオンラインサロンを参考にしてコンセプトを作る。 

その他、具体的に決めるのは、 

・どこのプラットホームを使うか? 

・メンバーにどんな具体的な行動をしてもらうか? 

えりにゃん
いやー、たむけんさんの勉強会すごい! 
オンラインサロン立ち上げが明確になった!!

ちなみにこの勉強会は、#はあちゅうサロンの特典で無料で参加出来たよ。 

#はあちゅうサロンは月額1万円だけど、 セミナーがほぼ無料。 
ゆうこすが来るイベントもあるけど、 それも無料!! 

箕輪編集室は、月額5000円だけど、オフィシャルなものは別途セミナー料金がかかるものが多い印象。 

どちらの形態が良いのかも、 サロン作りの参考になるね! 

◆日本ミューズ・コーチング協会のオンラインサロンを作るには? 

えりにゃん
わたしも、 日本ミューズ・コーチング協会のオンラインサロンはどうしよう?って考えてみました。

実は、既にオンラインサロンはあったんだ。 ミューズ協会にも。 

オンラインサロンというか、 
コーチ養成講座の在校生と卒業生の人に入ってもらっていました。

無料にしていたから、そんなにコミットする人もいなくて、連絡掲示板みたいになってしまっていました。 

だから新たに作りたい! 

・ミューズの認定コーチは無料にして、一般枠は有料にする? 

・コーチングのみならず、自分を発信したり新しい肩書き、メディアを持つことを応援する! 

・女子同士の相談の場 

・サロンメンバーへの優待や特典をたくさん作りたい 

・やっぱり部活動は活発にしたいよね♡ 

今のところはこんな感じの構想。 

美女コーチのめぐちゃんにプロジェクトリーダーになってもらったので、 これから一緒に詰めていく予定! 

めぐちゃん
頑張ります!

女子が集まる楽しいサロンにするよ♡ 

◆まとめ 

オンラインサロンを作るってちゃんと順を追ってやってみると、そんなに難しくないのかも?

まずは、構想を練ってからメンバー集めをしよう。 

一人で出来ないことも、大人数なら簡単に出来ちゃったりする。 

数の力で叶えられることもあるよ! オンラインサロンて楽しいね♡ 

えりにゃん
最後まで読んでくれてありがとう♡♡

 

もっとミューズ協会・えりにゃんについて知りたい!って方は、公式LINE@へ!