これは上手い!褒め上手で相手は伸びまくる!!

 

あなたは周りの方を褒めること、得意ですか?

 

わたしは厳しいツッコミもかなりしますが、

その分良いなーって思うところは
積極的に褒めます。

「そういうところ素敵だね! 」と。

 

本人も自覚していない長所が人にはたくさんあるので、

相手の能力を引き出すのに

褒めは必須!

 

褒めるってとても効果的なんです。

 

 

褒め上手な上司の話
 

昔、働いていた職場の上司は
とても褒め上手な方でした。

 

まだ入ったばかりのわたしは

自信がなかったのですが、 毎回仕事のあとに上司が

「〇〇さんは、絶対大丈夫! これから化けるよ!俺の目に間違いない!」

って大袈裟に言ってくれるんです。

 

それプラス、

「こういうところが良いよね。
普通はこうなっちゃうけど、 〇〇さんは、ここが違う!
めっちゃすごい!」

と、相手の良いところを根拠として伝えてくれるんです。

 

「たぶん、新人全員に化ける!って言ってるだろうな」
気づいていたけれど、

 

それでも期待に応えたいと、
本当に仕事で成果は自然に出るようになりました。

 

その上司が、
部下の良いところを気付かせて、引き出してくれているので、

職場全体、一人一人が自分に自信を持って生き生きと働いていました。

 

マネージメントとは こういうことだなと

学ぶことが出来た職場です。

 

人は期待された通りの成果を出す
 

 

実際に、

褒めることについては、
「ピグマリオン効果」という
面白いデータがあります。

 

ピグマリオン効果とは、
人は期待された通りに成果を出す傾向があるということ。

 

964年、

サンフランシスコの小学校で、学習能力予測テストというテストを行ないました。

 

学級担任には、今後数ヶ月の間に成績が伸びてくる生徒を割り出すためのテストだと伝えましたが、

しかし、実際のところ検査には何の意味もなく、

無作為に選ばれた生徒の名簿を学級担任に見せて、

「この名簿の生徒が、今後数ヶ月の間に成績が伸びる子供です」

と伝えました。

 

その後、名簿に名前があった生徒は実際に成績が向上していきました。

学級担任が、

この子は伸びる!と期待を込めて接し、
生徒もそれを感じ取り、期待通りの結果を出したと言われています。

 

まとめ
 

 

人は期待通りになっていく性質があります。

 

それを生かすには、

「褒める!」「素敵なところを気付いてもらう!」

ぜひ、やってみてください。

 

自分も褒めて欲しい!
という方は、
褒め上手のコーチを付けてみて下さいね。

 

 

「もっと詳しく知りたい!」「コーチング学びたい!」「コーチで開業したい!」

という方は、体験レッスンへ↓↓

 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です