【書く瞑想!?】女性必見!心を整理する「論理的なノート術」3選!

   

 

突然ですが、「思考」ってどのようになされるのでしょうか。

 

五感で知覚したものを意識で言語化し、

この言語化された経験をさらに過去の経験で関連付けているのです。

複雑ですね。

 

さらに、女性は男性と異なり

論理的に考える場合でも、五感の影響を受けやすい性質があります。

 

女性は、より情緒的なのです。

でも、大丈夫。

 

 

「論理的にもっと思考したい!」そんな方へ、

今回は、論理的な思考訓練のためのノート活用術をご紹介します。

 

 

女性の脳は情緒的?

 

女性と男性の脳は大きく異なることが医学的に証明されています。

人は左脳を使って理論的に考え、右脳を使って情緒的に考えています。

 

そして、女性の脳は、左脳と右脳の間の通信回数が男性よりも多いのです。

だから、論理的思考の中に、

「きれい、カラフル、温かい、うるさい」などの情緒的な感覚が入り込みやすいのです。

 

その結果、思考中に、パニックになったり、特定の物に魅了されたりしてしまうのです。

 

自分の思考を客観視出来れば、

我を忘れてパニックに!なんてことも少なくなります。

そのためのレッスンを、これからご紹介しますね^^

 

①マインドフルネス-書く瞑想

 

まずおススメするのは、マインドフルネスです。

最近、よくビジネス書などで、マインドフルネスという言葉を耳にしませんか。

これは西洋版の禅なのです。

このマインドフルネスの中に、「書く瞑想」というものがあります。

 

ノートに、今、感じた事、心の中で思っている事を全て書くのです。

 

こうすると、心の中にあることが、ノートの中に書き出され、

考えていることを全てノートに書きつくした時、空の境地に達することができるのです。

 

この書く瞑想で、精神的を安定させることができます。

 

 

どうしても感情が論理的な思考に入り込んでしまうので、女性の心は傷つきやすいものです。

そんなときは、ストレスになっている事や嫌な事も全てノートに書きだして、捨て去りましょう。

できれば、毎日、やりたいですね。

 

②ブレインストーミング

 

 ブレインストーミングは、集団で意見を出し合い、新しいアイデアを見出すものです。

相手を批判しない、演説をしない、自由に発言する、質よりも量、アイデア同士を結合させるといったルールのもとで行われます。

 

これを一人で実行すると、論理的な考察や気持ちの整理ができちゃうのです。

ブレインストーミングのなかの、「希望点列挙法」「欠点連結法」が効果的でしょう。

 

「希望点列挙法」は、

特定の希望や願望から連想される全ての事をノートに書くものです。

ブレインストーミングは「質より量」なのでとにかくたくさん思い付く限りに書き出します。

思い付くままに書くことで、普段出て来ないような案が思い浮かんでくるのです。

 

例えば、「キレイになりたい」という願望をノートの真ん中に書き、

ここから連想されること→「キレイな髪の毛」、「つやのある肌」、「オシャレなファッション」…。

「キレイな髪の毛」から連想されること→「毎日のシャンプー」、「ダメージケア」、「紫外線対策」…。

「毎日のシャンプー」からは→…と書いていきます。

こうすると、やらなければならない事、あまり意味のない事が明らかになっていきます。

 

アイデアが出尽くした後は色分けです。

大切なことは、明るい色で囲ったり、印をつけたりします。

どうでもいいことは、暗い色で印をつけたり、二重線で消したりします。

 

すると、今、実行しなければならない事が明るい色で浮かび上がります。

 

次に、「欠点連結法」は、

欠点や不満な点を挙げて、「希望点列挙法」と同じことを行うものです。

たくさん挙げた欠点や不満を先ほどと同じ手順で深堀していきます。

 

これらのブレインストーミングとは、一体何をしているのでしょうか?

言語領域のデータ化をしているのです。

 

数値で表される事柄は、グラフや図などで管理しやすいのですが、

意識・思考・方法など言語領域のものは、管理や整理が難しいのです。

 

 

「最近、なんだか考えがまとまらないなぁ~」と混乱気味になった時、実行すると効果抜群ですよ。

 

③ストレス対策法

 

最後に、自分だけの秘密のノートを作り、これでストレス対策をする方法をご紹介します。

生きていると嫌な事やイライラすることって誰しもありますね。

 

そんなときの嫌な事や苦手な方への

対応の仕方をあらかじめノートに書いて決めておくのです。

すると、実際に嫌な事が起きた時、どうすればよいか、悩まなくても良いのです。

 

まず、嫌な事を書き出します。

「虫が出てきた」「蒸し暑い日」「嫌な方(具体的な名前を書きます)が近づいてきた」などなど。

 

たとえば、「苦手な方が近づいてきた」という項目に対する対策は、

「逃げる」「目が合うと挨拶くらいはする」「食事などのお誘いに関してはきっぱり断る」など

前もって考えて決めておきます。

 

秘密のストレス対策ノートを作ったあとで、新たな対策が思い浮かんだときは、しっかり書き足します。

 

自分の中でのストレス対策法をしっかりと決めておけば、

後から無駄に悩んだりイライラすることがなくなりますよ^^

 

今すぐにでも作りたいですね。

 

まとめ

 

女性は、心が敏感でデリケートな生き物ですね。

嫌な事があった日は、「書く瞑想」でストレスを心の中から消し去りましょう。

論理的な思考は「ブレインストーミング」で、気持ちの整理をしておきましょう。

 

ノートを活用するだけで、手軽に感情のコントロールができるようになります。

是非、試してみてくださいね^^

 

 

「もっと詳しく知りたい!」「コーチング学びたい!」「コーチで開業したい!」

という方は、体験レッスンへ↓↓

 - コーチング