【ダメ!絶対!】夢がなかなか叶わない人の特徴!

   

 

突然ですが、夢を叶えるにはどうすればいいのでしょう?

 

夢に向かってひたむきに頑張ればいいのです。希望を失わなければよいのです。

 

では、夢が叶わないとは、どういうことなのでしょう。

 

「もう頑張れない。もう駄目だぁ~。希望も何もない。世の中、真っ暗だぁ~。」

 

ひたむきに夢を叶えようとしている方は、行き詰まりや絶望について、あまり考えません。

ネガティブ思考の泥沼にはまりそうな気がして、怖いからです。

 

過去を振り返ってはいけません。他人の行動に気を取られてはいけません。

 

それはわかる…。

だけど、今日はほんの少しの時間だけ、気を緩めて

「ああなっちゃ、嫌だな。」、「あそこまで落ちたくない。」

というネガティブな話題にお付き合いください。

 

あなたが、行き詰まらないために・・・。

 

行き詰まる人の特徴って?

 

絶望に陥ったり、行き詰まったりする方の特徴についてまとめてみました。

 

例えば、あなたが広い庭を持っていたとして、そこに草が生えてきました。

草むしりをしないと見た目にヤバイ気がします。

そうです!草むしりをしなければいけません。

 

この草むしりという作業、実は性格が出てしまうのです。

 

①何にでも完璧を求めてしまう

すぐに行き詰まってしまう人は、

隅から完璧に背の高い草も小さい草も手当たり次第にむしり取っていきます。

 

このように完璧を目指す人は、広い庭の半分くらい草むしりをしたところで

力尽きるのは目に見えていますね。

 

「背丈の大きい草だけむしる。」、「目立つ草だけむしる。」という発想を思い付けないのです。

何も考えていない、落としどころが見いだせない方や、

草が生えていたら許せないような完璧主義者はこのタイプ。

 

②不平不満を言ってしまう

草むしりを楽しくやってみてはどうでしょう?

「雑草たちよ、生えてきたらむしってあげるから、頑張って生えて来いよ。」と

微笑んでみるのもいいでしょう。

 

「草をむしった後の爽快感を勝ち取るために汗を流すんだ!」

とやり遂げた後の事を想像するのもいいでしょう。

「草むしり、これはダイエットだ。」と発想を変えるのもいいでしょう。

 

だけど、

「なんで雑草ばかり生えてくるの!?」

「どうして私が草むしりなんかしなければいけないの!?」

これは駄目です。

不平・不満を言うことは、自分は敗北者だと認めている事なのです。

 

③全部自分でやろうとする

そもそも草むしりをどうして一人でやらなければならないのでしょう。

誰かに手伝ってもらえばよいのです。

だけど、一人でやろうとする方は誰にも手伝ってもらえないのです。

なぜでしょう。

 

「草むしり」の楽しさを伝えることができないからです。

例えば、

「あの、太い草が一気にスポッと抜けた時の爽快感は、草むしりでしか味わえないわ~。」

なんて草むしりの楽しさを伝えることが出来れば、

「一緒にやりたい!」という方もきっとどんどん現れますね^^

 

③自分に甘い

草むしりはやはり疲れます。

だけど、やらなければならないのです。

思いっきり草が生えているのに、そして草むしりをしなければいけないのに、

「冬になれば、みんな枯れてしまう。」と甘く考える方は行き詰まります。

 

冬、雪の下で、必死に春を待つ草もいるのです。

このような草の生命力に絶望を感じてしまうのではないのでしょうか。

 

④やりもしないのに「できない」と考える

「庭に生えている草はむしってもまた生えてくる。だから、草むしりは無駄!!!」

こう考えた人は、草むしりなどできるはずがありません。

 

また、「こんなにたくさんの草をむしれるわけがない。」

と一度思ってしまうとなかなか草むしりができないのです。

 

たくさんの草があるのなら、「計画的に草むしりをしよう。」とか、

「できるところまでやってみよう」、

「去年、生えていた草の量より少なくすればいい。」と、

果敢に挑戦できる人だけが、草むしりを楽しめるのです。

 

 

まとめ

 

今回は、行き詰まってしまう方、絶望に陥ってしまう方の特徴を

「草むしり」に例えて考察してみました。

なんで「草むしり」と思われた方もいるのでは?

 

だけど、草むしりをして庭をきれいにすることを夢見てもいいじゃないですか^^

叶いやすい夢でしょう。

 

簡単な夢を例に挙げると分かりやすいのではないでしょうか?

 

 

「もっと詳しく知りたい!」「コーチング学びたい!」「コーチで開業したい!」

という方は、体験レッスンへ↓↓

 - コーチング