【必殺】「不安」「怖い」を解消するたった1つの技!

   

◆この記事を書いている人◆ 

日本ミューズ・コーチング協会代表理事/
やまさき

アナウンサー、ブロガー、作家など様々な肩書を持つ。
座右の銘は「猪突猛進」「為せば成る」…
北海道出身でフロンティア精神のかたまり^^ お腹が空くと相当機嫌が悪くなる。
詳しくはプロフィールをご覧ください。   →プロフィール

 

何か新しいことを始める時、

「やりたいけど、怖い!」

「上手くいかなかったらどうしよう」

「周りになんて言われるだろう?」

「わたしにできるかな?」

と、 得体の知れない不安や怖さを感じることはありませんか?

 

 

「やろう!」とアクセルを踏んでも、

「怖い!」とブレーキを同時に踏んでしまうこと、

誰しもあると思います。

 

そんな時の、

怖さとの向き合い方について、今日はお話します!

 

 

なぜか押し寄せて来る不安。

 

わたしがコーチングセッションでお金をもらい始めた、最初の頃。

 

相手が何か言ったわけでも、

不機嫌な顔になったわけでもないのに、

 

「セッションに満足してくれているかな?」

「わたしで役に立てたかな?」と、なぜか不安になるということがよくありました。

 

そこで

この、どこから来たかわからない謎の怖さに徹底的に向き合ってみることにしました。

 

 

わたしがコーチングセッションが怖かった理由と、ポジティブな解釈

 

まだ始めたばかりで自信がない

→今まで仕事で人の話を聞くという経験は何年もある!

 

役に立てたかな?

→人によって相性がある。全力を尽くすことがまずは大事。

 

と、 漠然とした怖さを分解して、

「いや、それは別の見方をしたら、大したことないよね!」 と、

1つずつ解消していったのです。

 

それからは、無駄に不安になることも怖くなることもなくなりました。

 

「わからないこと」「不確かなもの」に、わたしたちは不安や怖さを感じます。

だったら、明確に、明らかにすればよいのです!

 

まとめ

 

「怖い」「不安」を分解してみましょう。

明らかにすると、だいたいが根拠のないもの、勝手な思い込みです。

 

現実は、すべてあなたの捉え方次第です。

 

良い面を見ることも、悪い面を見るのも自由。

 

せっかくなら、
ポジティブなメガネをかけて、現実を見てみませんか?

 

 

 

「もっと詳しく知りたい!」「コーチング学びたい!」「コーチで開業したい!」

という方は、体験レッスンへ↓↓

 

 - コーチング