【朗報】「聴く」が出来ると【選ばれる人】になれる!

   

◆この記事を書いている人◆ 

日本ミューズ・コーチング協会代表理事/
やまさきえりこ

アナウンサー、ブロガー、作家など様々な肩書を持つ。
座右の銘は「猪突猛進」「為せば成る」…
北海道出身でフロンティア精神のかたまり^^ お腹が空くと相当機嫌が悪くなる。
詳しくはプロフィールをご覧ください。   →プロフィール

 

こんにちは!やまさきです。

 

今日は、「聴く」の大切さについて、エピソードを交えてお話します^^

お仕事、恋愛、人間関係、すべてにおいて、

「相手の話を深く聴く」が出来るようになると、

プラスしかありません!

 

「この人はわたしのことわかってくれている!」と思ってもらえると、

その人になんでも話したくなりますよね。

そして、信頼関係が生まれます♡

 

 

「聴く」が出来ると、自然と選ばれる!

 

わたしの担当してもらっている美容師さんは、とても聴き上手な方。

 

「今日は、どうしますか?」から始まり、

「顔周りは?」「長さは?」「なりたいイメージは?」

「わからないことはありますか?」

「何か気になるところは他にありますか?」

「悩んでることは?」

などなど、まずは思いっきり時間を割いて聴いてくれます。

 

それを踏まえて、

「じゃあ、こっちのトリートメント方がおススメ!」

などと、「こういう理由でこちらの方が合っています!」と教えてくれるので

いつも納得してお任せできて、

なおかつ、理想の髪型や質感にしてくれます。

 

 

わたしの性格は、

◆理屈っぽい。

◆明確に「なりたい」がある。

◆その上でプラスアルファの提案をして欲しい。

◆髪の悩みを聴いてほしい!

というタイプのお客さんなので、

この美容師さんみたいに、コミュニケーションを取りながら

選択したり、一緒に考えられるのが楽しいし安心。

 

「早くカウンセリング切り上げて、施術入ろう!」みたいな感じは

もちろん嫌ですし、

 

どんなに技術があって「一瞬でその人の好みがわかる!」という

ベテランの美容師さんであっても、

「説明してくれない」「聴いてくれない」人は、絶対選ばない。

 

 

「話を聴いてくれる」「安心できる」「理解できる」がないと、

不安になるからです。

 

 

つまり、

「話を十分に聴いてくれる>ベテランの熟練の技術」

なのです。

 

 

話をしっかり聴ける、コミュニケーションが取れるは、

何十年と築いた「技術」よりも、価値がある、

とも言えます。

 

 

あなたはどうですか?

 

 

人によって度合いは違うとは思いますが、(わたし程、理屈っぽくはないと思うけど)

「話を聴いてもらえた」「自分の立場になって提案してもらえた」

ということをしてもらうと、

 

「この人がやっぱり良い!」と選んでしまったりしませんか?

 

「相手の立場に立って話を聴ける」が出来れば、

自然と選ばれる人になれるのです。

 

 

まとめ

 

「話をきちんと聴ける」は、

長年の技術や経験よりも、重宝されたり、選ばれることがあります。

 

話を聴く、相手を尊重する、たったそれだけの心掛けと工夫だけで、

選ばれる自分になれる、

 

とってもお得です♡

 

「相手に質問する」「じっくり聴く」を

心掛けて「選ばれる人」になりましょう♡

 

 

「もっと詳しく知りたい!」「コーチング学びたい!」「コーチで開業したい!」

という方は、体験レッスンへ↓↓

 

 

コーチと夢を語る「お茶会」開催します!

詳しくはこちら

 

 

 - コーチング