セッションでお金をもらうってどんな感じですか?の答え

   

◆この記事を書いている人◆ 

日本ミューズ・コーチング協会代表理事/
やまさきえりこ

アナウンサー、ブロガー、作家など様々な肩書を持つ。
座右の銘は「猪突猛進」「為せば成る」…
北海道出身でフロンティア精神のかたまり^^ お腹が空くと相当機嫌が悪くなる。
詳しくはプロフィールをご覧ください。   →プロフィール

 

「コーチングセッションをする自信がない」

「どうやって90分間も人と話したらいいの??」という、

セッション・相談系のお仕事に自信が持てないというあなたへ

今日の記事は贈ります^^

 

あなたの経験は、すべて財産。

 

今まで生きてきて、友だちの悩みを聞いてあげたり、

上司の愚痴を聞いたりという経験は、

誰しもあるでしょう。

 

「会社の上司たちとの飲み会って気を遣うなー」

そんな経験は、すべて財産です。

 

相手に気持ちよく話してもらう、

前向きに話を聞いてあげるという実績

もう既にあなたの中にはたっくさんあるのです!

 

クレームが怖い…

 

 「セッションでお金をもらうって、

なんだか気が引ける。」

「お客様に文句言われたらどうしよう?」

という気持ち、、ありますよね。

 

ただ、

どんな商品も、「合う・合わない」は必ずあります。

「あなたの商品が合わない」という方は一定数います。

 

でもその方に、あなた自身を否定したり、

商品の悪口を言う権利なんてないのです。

誰かの批判に耳を傾け過ぎず、

あなたを選んでくれるお客様の声に耳を澄ませましょう。

 

 

相手に楽しんでもらう!が第一歩

 

「セッションで、何か相手に良いものを与えないと!」

と、身構えてしまう方には、

まずは「相手に楽しんでもらうこと」を第一に考えるのがおススメです!

 

「楽しかった!」「会えてよかった!」「スッキリした!」という、

【快】の感情を与えられれば、最終的にはすべてオッケーです♡

 

一生懸命相手に向き合うこと、楽しんでもらうことに、

まずは全力を尽くしましょう!

 

まとめ

 

セッション、相談でお金をもらうって、全然怖いことではないです。

相手に楽しんでもらうこと、一生懸命でいること、

世の中すべての人に合わせない、

これだけ心得ていれば、怖いものなんてないはず^^

 

あなただけのセッションで、

あなたを求めているお客様に出会いましょう^^

 

 

「もっと詳しく知りたい!」「コーチング学びたい!」「コーチで開業したい!」

という方は、体験レッスンへ↓↓

 - コーチング